アメブロ

台風の為

2011年09月02日

本日は台風の為、現場は空けです。
…と、云うことで、先日アップ出来なかったコーキングの打ち換えを紹介します。
その前に、住宅のメンテナンスの必要性を理解しましょう!弊社住宅診断のページは→http://www.meiken-co.jp/ieken.html

最近、耐震と云う言葉が取り沙汰されている。勿論、耐震性も大切なのだが、弊社では、より定期メンテナンス(雨水侵入の防止と蟻害対策)を重視しています。
メンテナンスを怠ると、雨水や蟻の侵入を許し、構造体を腐食させてしまいます。結果、耐震性はおろか、本来の性能も維持出来なくなります。
新築後、10年に一度は必ず建築士等の資格者が、在籍している工事会社に診て貰う事を勧めます。
さて、ようやく本題となります。
今回施工のお宅は、筑後13年になります。仕様は瓦屋根で、外壁はサイディングです。

瓦は問題ないのですが、外壁の表面は塗膜が傷み、チョーキング(白い粉が浮き上がる)をおこしていました。
シールはヒビが入り、場所によっては、はがれや浮きがありました。
当然雨の侵入があり、ベランダの下部では、仕上げに染みが出来ていました。

ベランダには支柱が無く、端側で床が下がった形跡があり、念の為、解体点検を行いました。

やはり雨の侵入の為、シミが目立ちます。幸い、構造部の腐食は有りません。
(-o-;)ホッ…

雨水の侵入経路を確認するため、壁面にシャワーを当てます。

やはり、コーキングの割れが原因の様で、シミの跡と同様に水が染みて行くのを確認出来ました。
このままにしておいたら、エラい出費になっていた事でしょう。
後日、実際の施工状況を紹介します。

今日のオマケ
カゴが好きみたいです。



denwa