アメブロ

23万からできる耐震工事!後付ホールダウン工法

耐震工事は、壁の補強工事に伴う天井や床の解体復旧工事が生じることによって、
大掛かりな工事となります。そのため施工費も100万円以上となることがほとんどです。
大半のお客様は、価格面を理由に耐震工事を諦めてしまいますが、
いまなお地震時の建物の倒壊を不安に感じているのが現実でしょう。
そんなお客様の声に答えるべく、
私達がご提案するのが、ヘラクレス、スパルタ、タイタンの後付ホールダウン工法です。
ほぞ抜け
 阪神淡路大震災で木造家屋の倒壊の原因として一番多かったのがこのほぞ抜けです。
地震発生時に家には激しい横揺れにより柱が左右に揺さぶられます。また直下型地震のときには、
下から突き上げるように縦揺れが発生します。これらの反動で柱が土台から引き抜かれ、柱が傾き家の重み
に耐えられず、そのまま倒れてしまいます。このように家を支えせる大事な柱が基礎から抜けてしまうことを「ほぞ抜け」
といいます。


23万からの耐震補強

後付ホールダウン工法は、外部より柱と基礎を金物で固定しほぞ抜けを防止する工法です。
したがって天井や床、壁などを壊さず施工も簡単です。
これらの理由で23万+工事費という破格の価格で施工が可能なのです。
耐震工事は高いからと諦めていた方はお気軽にご相談下さい。